今日は朝からぱっとしない天気だった。朝昼兼用ご飯を食べて、領収証などを整理してたら医者とタクシーの領収証がたくさん出てきた。去年は姉のところに行くのに朝晩の往復ともタクシーに乗ったが、料金は姉持ちだったから贅沢に回り道を通ってもらったりした。週に一度だけど同じところから乗るので、運転手さんがわたしが小道から出るのを待ってくれた。ちょうど夕方の出勤第一号の客だそうで「月が出てきましたぜ」なんて出てきたばかりの三日月を指差したりした。人に話すと「ナンパされてるんやん」といわれたりしたが、まあ気を使ってくれていい人だったけど、体調を崩して入院しはった。わたしの姉の調子が悪くなったのとほとんど同時期だった。
今年はそういう切手買取のロマン(?)もなく、タクシーに乗るのは自費だから姉の施設に行くのも考えものなのである。地下鉄で行ってこけたらあかんし。